ビールと言えばキリンラガー(半分がウィスキーの話である上にキリンの話はほぼ出ません)

お題「好きなビール」

 

こちらのブログで書くのは久々でして、最近はバイクを小破させたりしてとてもじゃないけれど元気が出ない。

nanzenji.hatenablog.jp

しかし、どんなに仕事やプライベートでげんなりしても酒があれば問題なし!(会社の健康診断の問診で休肝日を設けなさいと言われましたが)

 

実のところ、ビールはたまにしか飲まないのでそこまで思い入れはないのだけれど、たまに買うのはキリンラガーかキリンラガークラシックかよなよなエールであったりする。

 

基本的には味の太いというか、やや癖のあるものが好みであるのは概ね自覚をしている。

私の好きなウィスキーがラフロイグであることからもそれは明らかであろう。

ラフロイグが素晴らしいのはあの正露丸のような、保健室のようなにおいであるのにも関わらずうまい、ということである(何かいてんのかよくわからんくなってきた)。

お酒を飲みたてのころは何が好きなのか全然わからなかったけれど、学生当時に足繁く通っていたバーで教えてもらったときに衝撃を受けて以来虜になっている。

今でもバーに立ち寄った際には締めにラフロイグである。

因みに最初の一杯はその時の気分なのでばらばらですが、バーボンやブレンドウィスキーかさっぱりしたカクテルをくださいといっていますね。

最初からラフロイグでもいいんですが、最初に飲むとそれ以降に飲むものの風味を感じられないのでは?と、居合わせた人に言われたことがあったので基本は締めで飲んでいます。

しかし、このラフロイグを超えるヤバいウィスキーがあるのをご存知でしょうか?

私はいつかそれを自宅で飲みたいと思っているのですが高すぎて手が出ません。

その名もOCTOMOREという銘柄です。

 

 

札幌に所用で訪れた際の見つけたバーで勧められたのですが、その時は1杯2000円取られたのを覚えております。

2000円も払ったから印象的だったのかもしれませんが兎に角うまかった(ラフロイグ飲みの視点で)。

いつか買おうと心に誓ったのですが何せ流通量が少なくノンエイジですらとんでもなく高い。

これを買う位なら山崎15年とかでも買った方が一般的な受けは良いと思うし。

そもそも、私如きの鈍感な舌にはふさわしくないのかもしれませんけれど。

 

ビールの話をするはずがいつの間にかウィスキー談議になっていましたが、話を戻して、

バーでよく見るビールと言えばギネス。よく350缶を開けた後に専用の振動機で繊細な泡を作っているのを見ますね。

ただ、そこまで思い入れないのでパス。

ここで思い出すのはBASSです。

バス ペールエール 355ml瓶×24本

バス ペールエール 355ml瓶×24本

 

こいつは旨みがよくあるので、酒自体を味わうタイプの人におすすめだと思います(というかくせ者好きな人向け?)

一時はこればかり宅飲みしていました(けど国産ビールより高いのと今住んでいる場所ではなかなか手に入らないので最近飲んでないです…)

どうやら日本で主流の発酵方法と異なっているので味わいが違うようです。また、入手できそうだったら飲みたいものです。

ただ、取り扱っているアサヒの主力銘柄、スーパードライは正反対の味わいという皮肉。

 

以上、色々と書き連ねましたが半分以上がウィスキーの話です。

勿論、ビールも好きですよ!

 

追加:

忘れてたんですけど、ラフロイグほどではないですがアードベックもまたすばらしい匂いを持った酒ですね。もう病みつきになりそう。

 

アードベッグ 10年 箱入り 700ml
 

 

 

※結果的にキリンの話は冒頭に挙げただけですね。