読書

流行りものに手を出すのも偶には良いこと

学生時代まで、しょっちゅう小説やノンフィクションや紀行文やエッセイを読み漁っていた。 いわゆるティーンエージャーの年代で京極夏彦を読み耽っていた。魍魎の匣はもちろん傑作だったが、個人的には禅寺が舞台の鉄鼠の檻も好みだった。 というのも、(正…